この世の生活の実相

Site Team

アッラー(I)は私たちにこの世の真実を明らかにされ、またそれが過ぎ去ってゆく影のようなものである、と仰られました。

-現世での生活が遊興と享楽と装飾であり、あなた方の間の財産や子孫の自慢やその数の競争であることに過ぎないことを知るのだ。それはちょうど慈雨が作物を実らせて農夫を(一時的に)喜ばせたものの、それからそれが枯れて黄色くなり、やがて朽ち果てるようなものである。そして来世にこそは(不信仰者に対する)アッラーからの厳しい懲罰と、(信仰者に対する)お赦しとお悦びがあるのだ。実に現世とは偽りの享楽に他ならない。,(クルアーン57:20)

またアッラー(I)は、この世とは試練である、とご説明されています。そして現世の享楽は人をそこに溺れさせ、アッラーを想起することを忘れさせてしまう、とご警告されています。アッラー(I)は仰りました:

-それゆえあなた方が(現世において)授かるものは、現世の生活での(束の間の)享楽に過ぎない。しかし信仰し、アッラーにのみ全てを委ねる者にとっては、アッラーの御許にあるものこそが最善であり永劫なのである。,(クルアーン42:36)

またアッラー(I)は、この世は永遠などではなく、むしろ「永遠の生活へと至る通過点」であるのだ、と仰っています。この世の生活はちょうど、豊饒な土地の畑の一画のようなものです。人はそこにおいて、自分が植えた分だけのものを収穫します。もしそれが善いものであれば善いものを収穫し、悪いものであれば悪いものを収穫することになるのです。アッラー(I)はこう仰っています:

-彼らに、現世の生活に関しての譬えを説いてやるのだ。それはまるでわれら(アッラーのこと)が天から下す、(雨)水のようなもの。大地の植物はそれを取り入れ(成長した後)、やがて枯れ果て、風で跡形もなく吹き飛ばされてしまう。アッラーはいかなることも可能にされるお方である。財産と子孫は現世の生活における虚飾。しかし永劫の善行こそは、あなたの主の御許で最善の報奨であり、最善の希望なのである。 ,(クルアーン18:45-46)

この世は来世に比して非常に些細なものであるゆえ、アッラー(I)はそこにおいて信仰者にも不信仰者にもお恵みになられます。アッラー(I)は仰ります:

-またイブラーヒームが、こう言った時のこと(を思い出せ):「主よ、ここ(マッカ)を平安な町とし、その住民の内、アッラーと最後の日を信仰した者たちに果実をお恵み下さい。」(アッラーは)仰った:「われは信仰を拒否した者にも、暫しの楽しみを与えよう。それからやがて、火獄の懲罰を強いるのだ。その行き所の何と忌まわしいことであろうか。」,(クルアーン2:126)

またアッラー(I)は、こうも仰っています:

-われら(アッラーのこと)は彼らにも、そしてまた彼らにも、いずれの者にもあなたの主の賜物を与えてつかわそう。そしてあなたの主の賜物は、禁じられてはいないのだ。見よ、われらが(現世において)いかに彼らを互いに優越づけたか?そして来世においては(それより遥かに)大きい位階と優劣(の差)があるのだ。,(クルアーン17:20-21)

教友の一人、サハル・ブン・サアド(t)はこう言っています:

「アッラーの使徒(r)はズルフライファを通り過ぎた際、太った羊の死骸を見ました。そして、こう言いました:“この羊は、もう飼い主にとって用無しであろう?”教友たちは言いました:“ええ。”彼は言いました:“私の魂がその御手に委ねられているお方(アッラーのこと)にかけて。この世はアッラーにとって、この飼い主(にとっての羊)よりも無意味なものである…。もしこの世がハエの羽一枚にでも値するのであれば、アッラーは不信仰者に一口の水をもお恵みにはなられないであろう。”」(アル=ハーキムによる伝承)

またアッラー(I)は、人に来世とそこにおけるお恵みを希求することを奨励しています。かれ(I)はこう仰いました:

-いや、あなた方は(来世よりも)現世の生活を好んでいる。来世こそは最善かつ永劫であるというのに。,(クルアーン87:16-17)

また預言者ムハンマド(r)は、こう言っています:

アッラーにかけて。この世に対する来世というものは、ここ‐そう言って、彼は海を指差しました‐に一本の指を入れるようなものである。そこから指を抜き、そこに付着するものを見てみるがよい(つまり現世には、そこに付着した液体ほどの価値しかないということ)(ムスリムの伝承)

しかし来世におけるお恵みを享受出来るのは、被造物の中でもアッラー(U)が特別にお選びになられ、ご満足された最善の者たちのみなのです。アッラー(I)は仰っています:

-(よいことにおいて)施し、(アッラーの禁じられた物事から)身を控え、最も美しきもの(イスラーム)を心から信じる者は、われら(アッラーのこと)がよい行いを容易いものとしてやろう。一方吝嗇し、(来世の享楽より現世の欲望や)富を追求し、最も美しきもの(イスラーム)を嘘とする者は、われらが(よい行いをするにあたっての)困難さへと導いてやろう。,(クルアーン92:5-10)

しかしこのことは、人が修道僧のようになって飲食や衣服、性生活などの許された現世的諸事や全てのよき糧を放棄しなければならない、ということにはなりません。アッラー(I)はこう仰いました:

-言え(ムハンマドr)、「(アッラーが)そのしもべのために提供されたアッラーの装飾品と、その糧からのよきものを禁じる者は何様であることか?」 ,(クルアーン7:32)

またアッラーの使徒(r)は言いました:

「アッラーは脆弱な信仰者よりも、強い信仰者を愛でられる。そしてそのいずれも善いのである。あなたを益する行為に熱心であり、かつアッラーのご援助を乞うのだ。そしてそこにおいて怠慢であってはならない。そしていかなる災厄があなたを襲っても、“ああ、もしあのようにしていたらなあ”などとは言わず、“これはアッラーからの定命。かれはお望みのことをなされる”と言うのだ。というのも“もし”は、悪魔の行いに通じる扉であるからである。」(ムスリムの伝承)

宗教が命じているのは、私たちが人生において中庸の状態にあることなのです。アッラー(I)は仰っています:

-そしてあなたの(施しの)手を(吝嗇さゆえに)首に巻きつけたままにしたり、または(度を越して、施しという)手を完全に開け広げてはならない。そうすればあなたは咎めを受けたり、後悔したりするであろうから。実にあなたの主は、かれがお望みになられる者に糧を豊かにお恵みになり、また差し控えられる。かれはそのしもべについて、全てをご存知になり、かつ全てをご覧になられるのである。,(クルアーン17:29-30)

Related Articles with この世の生活の実相