まえがき

Site Team

 

至高者アッラーにこそ全ての賞賛あれ。そしてかれがその使徒ムハンマドと彼の御家族を称揚され、彼らをあらゆる悪からお護り下さいますよう。

 

私は、イスラームにおける女性の地位、及び女性の権利に関する新しい情報の提示についての困難さを鑑み、この問題に関する既出の情報を収集・整理し、要約したものを読者の皆様のために提示しようと試みました。至高なるアッラーが私を導き、この目標に到達することが出来ることを望んでいます。

女性に対する犯罪と抑圧をイスラームと結びつけることは大いなる不正であり、アッラーによる啓示の書であるクルアーン、そして預言者ムハンマド (r) の教えによってそういった虚偽の主張は否定されています。至高なるアッラーはこう仰せられています:

(人類よ、われらは一人の男と一人の女から汝らを創造し、種族と部族とに分けた。これは汝らを、互いに知り合うようにさせるためである。アッラーの御許で最も高貴なる者は、汝らの中最も主を畏れる者である。アッラーこそは全知者であり、すべてを見透す御方である。)[49:13]

 

また至高なるアッラーはこうも仰せられています:

 

(またかれが汝らの中から、汝らのために配偶を設けられたのは、かれの徴の一つである。汝らは彼女らによって安らぎを得るようにされ、汝らの間に愛情と慈悲の念を植え付けられる。その中にこそは、思慮深い者たちへの徴がある。) [30:21]

 

また預言者ムハンマドは述べられています:

 

実に女性は、男性の片割れなのである。”[アブー・ダーウード 234番、ティルミズィー 113番、その他による伝承]

 

 

Related Articles with まえがき