「アダムとイヴの信仰」

ナージー・イブラーヒーム・アル=アルファジュ

 リンダ・バート筆(アメリカ合衆国)

 神がアダムとイヴに命じた宗教とは、何だったのでしょうか?クルアーンによれば、私たちのために神が選ばれた宗教は、平易で完全な神への服従でした。それはアラビア語で、「イスラーム」と呼ばれます。それはクルアーンの中で、アブラハムの宗教として述べられているものです。彼(アブラハム)自身も、神に対して純粋に服従した人物でした。全ての人々は神に服従する魂と共に生まれてくる、というのがイスラーム的観点です。しかしながら人は、自分たちの創造された公正な生き方に対して従うことも、またその道から逸れてしまうことも自由に選択することができるのです。各人は人生において何度か、神に自らの意志を服する道、もしくは自らの利益や物質的追求、不信心な態度を決め込む道のいずれかを決定する、個人的な判断を下さなければなりません。もちろん多くの人々が、真実や正しい道から離れてしまうこともあります。それらの要因として両親の不信心や乱暴な発言や態度、もしくは精神的な教育の有無等といった生活環境が関係してくることがあるのです。イスラーム的な観点では、各個人の理解や先天的な性質に基づき、唯一なる神の判断が下されます。私たちは、審判の時に下される唯一なる神の決定が、必ず寸分違わない公正なものであると確信しています。人が自身の全てを神に服する時、人間に存するすべての側面-思考や身体、そして魂など-は、神に対してささげられたものでなければなりません。自己の魂を、礼拝やその他の重要性を帯びた不可欠な崇拝行為を通じて、汚れの無い状態に保つことは必要であり、意識を健全な知識に向けること、そして身体を健全な生活様式に従事させることも重要なのです。イスラームは私たちが創造された目的を、私たち自身によって認識する機会を提供してくれます。ムスリムになることによって、これまでの多々なる重荷を背後に残して行くかのように、生来の自分を手にするのです。イスラームの真実とは、物事を識別し、偽りを放棄する助力を与え、全ての宗教に対する真実性を詳述することの明示なのです。イスラームを受諾する人々は、世界中に広がりを見せています。

※  リンダ・バート氏はアメリカ人の作家、詩人、芸術家でもあります。

最後の預言者

 西暦570年頃、ムハンマド(彼の上に平安がありますように)はアブドッラーの息子としてマッカに生まれました。彼は人々の間で、アル・アミーン(信頼のおける人)として知られます。ムハンマドが40才になった時、天使ガブリエルが、彼の前に神の啓示を携えて現れました。ムハンマドが最初に受けた命令は、彼の妻ハディージャを含めた近親の人々に対して、イスラームを教示するというものでした。そして、ついには全ての人々に対してメッセージを伝達するようにとの啓示を受けることになります。それ以降、彼は優れた手本を示す、人々への最良の模範として、アッラー(唯一なる神)のメッセージを他の人々に伝えました。西暦632年、預言者ムハンマドは享年63才にしてこの世を去ります。

預言者ムハンマド(彼の上に平安がありますように)は「最後の預言者」と呼ばれます。すなわち彼は最終の預言者であり、またイエス・キリストの福音書のオリジナルを含む、彼以前に啓示された全ての真実を確証するために遣わされました。

クルアーンの中では、こう述べられています

「ムハンマドはアッラーの使徒であり、そして預言者たちの封緘である」

33:40

彼(ムハンマド)とイエス・キリストとのつながりを確証するものとして、預言者ムハンマドは言及しています。「もし、人がイエス・キリストを信じ、その上、私のことを信じるのであれば、彼は二倍の報奨を得るであろう。」

また、預言者ムハンマドは述べています

「私は全人類の中で、マリアの息子イエス・キリストに最も近しい人物である。私と彼との間に預言者は存在しない。」

預言者ムハンマドによるこれらの発言は、彼がいかにイエス・キリスト(神の祝福と平安が彼らの上にありますように)に対して敬意を表していたのかを、私たちに明示してくれます。これはイエス・キリストが福音書の中で予言したものでした。私はその事実を後に紹介するつもりです。

ムハンマド 

ムハンマドはその幼少時代、青年期、預言者時代、そして、この世を去る最期に至るまで、その卓越した性格と道徳的振る舞いによって、多くの人々を魅了しました。彼は慈悲深く正直で、誠実さと優しさを兼ね備えた謙虚な人物でした。彼の私的な部分から公的な発言に至るまでの全ての詳細は正確に、そして確実な記録として、現在に至るまで忠実に保存されています。彼は預言者であり、使徒であり、敬虔な指導者でありながら、社会を改革し、道徳的姿勢へと導き、政治を司りました。これに関しインドの哲学教授であるラーマクリシュナ・ラオ氏は彼の小冊子「ムハンマド―イスラームの預言者―」の中で、彼のことを「人間の生き方の完璧な模範」と称しています。ラオ教授は明らかにします。

「ムハンマドの人格の全ての側面を知るということは、非常に困難な業です。その僅かな一部分であれば、私にも可能かもしれません。この見事な成功劇はまるで絵にかいたようなものです。ムハンマドは預言者であり、軍人であり、商人であり、政治を司り、雄弁家であり、改革者であり、孤児を擁護し、奴隷の保護者、女性の解放者であり、裁判官であり、慈悲深い人物です。これらの壮大な役割を、すべての人間活動の面において成し遂げた彼は敬慕の的(英雄)なのです。」

預言者ムハンマド

他宗教の聖典における預言者ムハンマド到来に関する記載 

 本書では、他宗教の聖典による預言者ムハンマド到来の予言を主題として取り扱うことはしませんが、ムスリムの学識者たちがバルシ―教(インドのペルシア系ゾロアスター教徒の一派)、ヒンドゥ―教、仏教、ユダヤ教、キリスト教の聖典の中でそれを発見していることを取り上げなければなりません。実際、他の聖典の中で登場するムハンマドは、インターネット上はもちろんのこと、数多くの書籍や論考の中でとても興味深い話題として徹底的な議論が取り交わされてきました。(このテーマに関してさらに情報を得たい方はDr.Zakir Naik(Dr.ザーキル・ナイク)のウェブサイト、www.irf.net もしくはインターネットの検索項目にProphet Muhammad, Muhammad in the Hindu scriptures, Muhammad in the Bible 等と書き込んで検索してみて下さい。)書籍の取り扱いとしてはA.H.VidyarthiやU.Aliが執筆した「バルシ―、ヒンドゥー、仏教の聖典の中に見るムハンマド」、または、アブドル・アハド・ダ―ウード教授(元キリスト教聖職者デヴィッド・ベンジャミン)の著書、「聖書の中におけるムハンマド」等が挙げられます。その中では聖書の予言にある、「モーゼに類似した」預言者の出現について次のようにコメントしています。 

「私たちは以下の言葉を申命記(旧約聖書第五の書)第18章、18節に見ることができる。 

『わたしは彼らのために、彼らの同胞の只中から、あなたのような一人の預言者を起こそう。わたしは、わたしの言葉を彼の口に置く。彼は、わたしが彼に命じたすべてのことを、彼らに語るであろう。』 

これらの言葉がもし、ムハンマドに当てはまるものでないとするならば、彼らは未だにその実現が果たされないままの状態にあることを意味する。イエス・キリストは彼自身、彼の教会で信じられているように自らがその預言者であると主張することは決してなかった。審判者として現れうるだろうが、立法者としてで 

はない。だが、必ず一人の人物が『彼の右手』に『法(きらめく炎)』を携えてやって来る。(申命記33:2)」 

ムスリムの学識者たちは、この予言はほかならぬムハンマドに当てはまるものであるとします。なぜなら、モーゼとムハンマドを見比べた際に数多くの点で類似していることが確認できるからです。彼らの名前を見た際、両者ともに同様の頭文字で記されます。彼らは両者とも自然な出産によって誕生し、結婚し、使命を授かり、そして、自然な形で死を迎えたのです。彼らはまた、両者ともに預言者であり、統治者であり、民を指揮し、政治を司りました。そして、両者ともに「法」を携えてきたのです。一方でイエス・キリストはいくつかの点で、モーゼに類似していない点があります。彼の超自然的な誕生の仕方に始まり、使命の授かり方、この世の去り方など、モーゼのそれとは類似しない点があるのです。また結婚をすることはなく、モーゼのような形で民を統制することも、戦争で戦うこともありませんでした。 

イエス・キリストも、新約聖書の中でもう一人の弁護者が来ることを予言しました。イエス・キリストは公言します。「父はもう一人の弁護者を、(その弁護者が)いつまでもあなたがたと共にいるようにと、あなたがたに与えてくださることになろう。」(ヨハネ 14:16)

加えてイエス・キリストはこう述べます。

「それにもかかわらず、私はあなた方に真実を伝える。私が去ることはあなた方にとって良いことである。もし、私が去らなければ弁護者はあなた方のもとにやって来ないであろう。だがもし、私が立ち去れば、私は彼をあなた方に遣わすだろう。そして、彼が現れた時、彼は罪の蔓延した世の中を戒め、正義を掲げる。そして、審判の時・・・。私はまだ、あなた方に対し数多くの言うべきことがある。だが、あなた方は今の段階でそれらの重荷を背負うことはできないであろう。彼が真実を携えて現れた時・・・一体どうなるであろうか。彼はあなた方を真実に導く。彼は自分でものを言うわけではない。本当に彼は聞き、そして、語りかける。彼は後に到来する出来事をあなた方に告げ知らせるであろう。彼は(神)の栄光を称える・・・」(ヨハネ 16:7一14)

イエス・キリストの後に遣わされる人物

実際、ムスリムの学識者たちは、多くの理由によりイエス・キリストの予言を完全に満たしうるのは、ムハンマドだけであると述べています。そのいくつかについて言及してみると:

※  イエス・キリストが言及する「もう一人の弁護者」という表現は、聖霊(三位一体の第3位)に適用することはできません。聖霊(三位一体の一部分、キリスト教徒が信仰する父なる神、キリストとして世に現れた子なる神、聖霊なる神)は聖書によれば以前、そしてイエス・キリストが伝道する間に見られるものです。一方でここに述べられる「弁護者」とはそれよりも後に出現するものとされるのです。
※  さらに、ムハンマドは、罪を犯す人々に対して警告者として現れ、正義を貫くよう命じます。彼は「法」を「彼の右手」に携えた統治者であり、裁定者だったのです。
※  ムハンマドは、唯一真正の神へと人々を導きました。そして現世の目的、来世とその永遠性の真実など、多くの事柄について教示したのです。
※  彼は、唯一なる存在(アッラー)により授けられた、数々の預言と奇跡を通じ、後に起こる出来事を私たちに示しました。
※  ムハンマドは預言者であり、勝手気ままにものを言うわけではありませんでした。彼は、自らを通して神が啓示した言葉、つまり、クルアーンの受け皿となりました。そして、ムハンマドはアッラーの名において神の言葉を読誦します。聖書の予言では、このように述べられています。「彼は私の名において語りかけるであろう」(申命記18:19)。事実、クルアーンの章は「アッラーの御名において」という表現で始まるのです。
※  ムハンマド、そしてクルアーンは、実際にイエス・キリストを高貴な存在として称えています。彼に敬意を表す意味も含め、ムスリムたちは自分の子供たちにイーサー(アラビア語でイエスを意味します)と名付けることを好むのです。

それに加え、あるユダヤ人が(キリストに洗礼を施した)バプテスマのヨハネにあなたは誰なのかと尋ねたところ、彼は自身をイエス・キリストでも、エリヤでも、その後に現れるという預言者でもないと否定します。

「−あなたは誰ですか?そして、ヨハネは打ち明けます。私はイエス・キリストではありません。そして、彼らは尋ねます。それならば、あなたはエリヤですか?彼は言います。−いいえ−。あなたはあの預言者ですか?彼は答えます。−違います−。」(ヨハネ 1:19−21)

再び、ムスリムの学識者たちは、この聖書の一節で言及されているその人物がムハンマドであると主張します。

「あなたはあの預言者ですか?彼はこう答えます。−違います−。」だとすれば、ここで言及される預言者とは誰なのでしょう? 明確なこととして「あの預言者」とはバプテスマのヨハネでもなければ、イエス・キリストでもないということをヨハネ自らが証言しているのです。


Related Articles with 「アダムとイヴの信仰」