アッラーの美名と属性への信仰

Site Team

その意味するところは:その理解と暗記、その認識、またそれをもってアッラーを崇拝すること、そしてそれが義務付けるところのものを実行することです。アッラーの比類なき偉大さや威厳、栄光、荘厳さといった性質を知ることによって、しもべの心はアッラーに対する畏敬と賞讃の念に満たされるでしょう。またアッラーの強大さや威力、全能、全てを支配する御力といった性質を知ることで、しもべの心には主に対する慎み深さや謙虚さ、服従の念といったものが充溢することでしょう。

またアッラーの御慈悲や優しさ、寛大さといった性質を知れば、しもべの心はアッラーへの愛、かれの恩恵や慈善、寛容さなどを希求し切望する気持ちであふれるでしょう。

加えてアッラーの知識や、全てを包囲され何事にも通暁されているという性質を知ることは、しもべの心に「いかなる行動や生活も見透かされているのだ」という意識を芽生えさせてくれます。

そしてこれら全ての属性は、しもべにアッラーへの賞賛、愛、思慕の念、親しみの念などを抱かせるだけでなく、かれのみにタワックル(自らの身を完全に委ねること)させることや、かれのみにイバーダ(崇拝行為)を捧げ邁進させることにも大きく供与するのです。

 

●   私たちは崇高なるアッラーが御自身に対して認められた美名と属性、あるいは預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)がアッラーに対して肯定した美名と気高い属性、またアッラーが御自身に対して否定された名前や属性、あるいは預言者(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)がアッラーに対して否定した名前や属性の全てを認めます。そしてそれらとそれらが示す意味や作用を信じます。つまりアッラーが“最も慈悲深い御方”であることと、かれが慈悲を備えられている御方であるというその意味を信じます。そしてこの美名の及ぼす作用の1つには、アッラーが御望みになるものに御慈悲をかけられるということがあります。このように、他の全ての美名と属性においても同様の捉え方をしなければなりません。

また私たちはアッラーの美名と属性の意味のすり替えや完全否定、具体的説明の努力や擬人化などの手法に依拠することなく、崇高なかれの荘厳さにふさわしい形においてそれらすべてを認めるのです。-かれ(アッラー)に似たものは何1つない。にも関わらず、かれは全てを聞き、御覧になられるお方なのである。,(クルアーン42:11)

 

●   私たちはアッラーのみにその美名と崇高な属性が帰せられるということ、そしてそれをもってかれに祈願するということを知り、確信しています:

至高なるアッラーは仰せられました:-そしてアッラーにこそ美名が属するのであるから、それをもってかれに祈願するのだ。かれの美名をないがしろにするような輩は放っておくがいい。いずれ彼らは自分たちが行っていたところのもので報いを受けるだろうから。,(クルアーン7:180)

Related Articles with アッラーの美名と属性への信仰