イスラームと学問

Site Team

イスラームという宗教は、学問とその追求を奨励しています。そして無知を非難し、それに警告を放っているのです。アッラー(I)は仰りました:

-言え、「一体知っている者と知らない者は等しいというのか?」実に訓戒を受け入れるのは、理知を備えた者たちだけである。,(クルアーン39:9)

また、アッラー(I)はこうも仰っています:

-アッラーは、あなた方の内で信仰する者たちと知識を与えられた者の位階を上げられる。,(クルアーン58:11)

またイスラームは、知識の収集を強く勧めています。アッラー(I)は仰りました:

-そして言え、「主よ、私の知識をお増やし下さい。」,(クルアーン20:114)

またイスラームは学者に敬意を払い、彼らの権利を守ります。預言者ムハンマド(r)は彼らの地位に関し、こう言いました:

年長者を敬わない者と年少者を慈しまない者、そして学者に敬意を払わない者は私たちの内の者ではない。」(アッ=ティルミズィーの伝承)

また知識の追求と、その教授及び学習は、天国へと至る道とまで形容されています。預言者ムハンマド(r)はこう言いました:

知識を求めて道行く者は、アッラーが彼に天国への道を易しくして下さるであろう。天使たちは知識を求める者を喜び、その翼を彼らの上に垂らすのだ。そして天地にある全てのもの‐水の中の魚でさえ‐は、学者の罪の赦しを乞うのである。崇拝行為に没頭する者に対する学者の卓越性というものは、ちょうど星々に対する満月の際立った明るさに等しい。実に、学者とは使徒の相続者なのである。使徒は相続するような財産を残しはしないが、知識を後に残すのだ。ゆえにそれを身に付ける者には、偉大な取り分があろう。(イブン・ヒッバーンによる伝承)

 

Related Articles with イスラームと学問