イスラームにおける一神論

Site Team

イスラームは他の天啓宗教同様、アッラーがその信徒に信仰して布教するよう命じたと教えていますが、強制はその目的を達成する有効な手段ではありません。至高のアッラーはクルアーンの中で、こう仰っています:

-宗教に強制はない。実に正道と邪道は明らかにされたのである。,(クルアーン2:256) 

またイスラームはその信徒に、宗教をよき作法でもって布教することを命じています。至高のアッラーはこう仰いました:

-英知とよき訓戒をもって、あなたの主の道へといざなえ。そしてよき手法を用いて彼らと議論するのだ。,(クルアーン16:125)

その教えに納得することもなくイスラームの受容を宣言することは、イスラームの基本律に反しています。というのも強制されて改宗すれば、その者の言葉や行いはその信仰との間に不調和を生むことになりますが、これこそはイスラームにおいて「偽信」と定義されているものなのです。イスラームは偽信に厳しい警告を与え、またそれを単なる不信仰よりも重い罪と見なしています。至高のアッラーはこう仰いました:

-実に偽信仰者たちは地獄の業火の最下層に(放り込まれる定めである)。,(クルアーン4:145) 

また人類にアッラーからのメッセージを伝え、強制や腕力を用いたりせずに彼らを正しい道へと導くのは、全ての預言者の任務でもありました。至高のアッラーはこう仰っています:

-そしてアッラーに従い、使徒(ムハンマド)に従え。そしてもしあなた方が背いても、われら(アッラーのこと)の使徒の義務は明白なる(啓示の)伝達に過ぎないのである。,(クルアーン64:12)

 

Related Articles with イスラームにおける一神論