イスラームにおける崇拝の精神(その1):崇拝と礼拝

Site Team

イバーダ(崇拝)とはアラビア語のアブド(奴 隷、しもべ)という言葉に由来し、服従を意味します。その言葉は、神があなたの主であり、あなたはかれのしもべであることであり、しもべが服従行為として 行うこと、かれの主の喜びのために行うことは何でも、イバーダなのです。イスラームにおけるイバーダとは、広範なものです。もしあなたが下品な会話、嘘、 悪意のある言葉、乱暴な言葉を避け、たとえ外見では世俗的に見えたとしても、真実を言い、良い言葉を話し、これらのことを神への服従のために行うなら、こ れもイバーダです。もしあなたが、商業や経済において言葉と精神によって神の法に従い、あなたの両親、親戚、友人、その他あなたに関わる全ての人との関係 において、神の法に従うのなら、あなたの全ての行動はイバーダです。あなたが貧者を助け、空腹の者たちに食べ物を与え、病人や災害にあった者たちに施し、 それらの行動が自分自身の利益のためではなく、神のためであるなら、それらもイバーダ以外の何ものでもありません。あなたの経済活動、つまり、あなたが生 活のために稼ぎ、扶養家族を養うための仕事にお いても、あなたが正直で誠実であり、神の法に従うのなら、それもイバーダです。つまり、あなたの人生の中で行う事は、それが神の法に従ったもので、あなた の心が神への畏怖に満ちており、それらの行動の最終的な目的が神の喜びを得ることであるのなら、それはイバーダとなるのです。

そ れゆえ、神への畏れからあなたが善行を行い、悪行を避けるのなら、それが人生のどの時点であっても、その活動がどの分野のものであっても、あなたはイス ラームにおける義務を果たしていることになります。これがイバーダにおける最も大切なことなのです。つまりそれはアッラーの喜びのための絶対服従であり、 あなたの人生にイスラームの造型をはめこむことであり、どんな小さなこともそれにあてはめることなのです。この目的を果たす為に、形式的なイバーダ(崇拝 活動)も課せられており、それがいわば訓練として役立っています。これらのイバーダは、イスラームという建築の柱となるのです。

サ ラー(礼拝)が主要でもっとも重要な義務です。では、サラーとは何でしょう? それはあなたが心をよせる信仰を一日に五回、くり返し新たにさせる礼拝のこ とです。早朝に起き、自らを清め、祈りのために神の御前に立ちます。礼拝の中でする様々な姿勢はまさに服従の精神を体現化したものです。様々な朗誦はあな たの神への約束を思い出させます。あなたは神の導きを求め、彼に繰り返し、神の怒りを買う行動を起こさないで済むようにと願います。主の啓典を読み上げ、 預言者(彼の上に神の慈悲と祝福あれ)の真実を証言し、審判の日に対する信仰を自らに思い起こさせ、あなたの記憶の中で、あなたが主の前に立ち、自分の人 生を説明しなければならないという事実を生かすのです。それが一日の始まりです。

そ して、ムアッズィン(礼拝を呼びかける者)が礼拝の呼びかけをしてから数時間後、またあなたは神に従い、彼との約束を新たに守るのです。あなたは自分の世 俗的な活動から数分離れ、神との対話を求めます。このことで、あなたの人生における本当の役割が思い出せるのです。こうして再び神に従った数時間後、また 普段の活動から離れて神の前に立ちます。これもまた、あなたに自分の役割を思い出させ、あなたは信仰における契約に自分の気持ちを持っていくことができる のです。太陽が沈み、あたりが暗くなった時に、またあなたは礼拝という形で神の前に服従を示し、暗闇があたりを覆う時に、あなたが自らの役割と義務を忘れ ないようにするのです。そして眠りにつく前に自らの信仰を新たにし、神の前に額ずきます。そしてこれで一日の終わりです。礼拝の回数と時間帯のために、あ なたは決して人生の意味を忘れず、世俗の中で道を失わないのです。

礼拝がどのように、あなたの信仰の基礎を固め、神に従うための正しい生活を可能にし、勇気と誠実さと目的意識と純粋な心と魂の発達、そしてモラルを与える信仰を新たにするのに役立っているかということを理解するのは簡単です。

で はそれがどのように達成されるか見てみましょう。ムスリムは預言者が教えた通りに身を清めます。そして預言者の教え通りに礼拝を行います。それはなぜで しょう? それは単純に、預言者ムハンマドが神の使徒であるということを信じているからで、彼に余すところなく従うという義務を果たしているからです。ど うしてわざとクルアーンを誤って朗誦しないのでしょう? それは彼らがその啓典を神の言葉と考え、一文字誤ることが罪だと知っているからだと思いません か? 礼拝では、彼らは多くの言葉を静かに朗誦しますが、朗誦しなかったり、誤って朗誦したとしても、それを確認する人などいません。しかし、彼らは決し てわざと、そんなことはしません。なぜでしょうか? それは彼らが神は常に彼らのことを見ており、彼らが朗誦する全てを聞いており、隠された事も、公にさ れた事もすべて分かっていると信じているからです。

Related Articles with イスラームにおける崇拝の精神(その1):崇拝と礼拝

  • イスラームにおける崇拝の精神(その2):礼拝と断食

    Site Team

    イスラームにおける崇拝の精神(その2):礼拝と断食 誰にも頼まれず、またそれを確認する人もいないのに、ムスリムが礼拝を守るのはなぜでしょう? それは、神が常に彼らの礼拝を見ているという意

    29/12/2013 607
  • イスラームにおける崇拝の精神(その3):ザカーとハッジ

    Site Team

    ザカー 3つめの義務はザカーです。経済的にある一定以上の蓄えがあるムスリムは、年間の蓄えの2.5パーセントを貧しい仲間たちのために払わなければなりません。これは最小値で、多く払えば払うほど、神からの報酬も高くなるのです。 私

    29/12/2013 540