ギリシャにおける女性

Site Team

ギリシャでは、男性によって“女性は悪の根源である”と言われる程に卑下されていました。社会において女性保護のシステムは存在していませんでしたし、彼女らは教育の権利を奪われており、動産・商品のように売買され、相続権利を剥奪され、所有物・資産の取り扱う権利のない未成年と同じように見なされていました。女性はその生涯に渡って男性の意志に従属させられ、離婚は男性の一方的な権利でした。この社会における女性の一般的な状況に関して、ギリシャ人思想家たちはこう述べています:


“女性の名前は、その体同様に、家の中に閉じ込められていなければならない。”


フランス人思想家のギュスターヴ・ル・ボンは、その著The「アラブ文明(Arab Civilization)」の中で、ギリシャ社会における女性の地位に関してこのように述べています


“ギリシャ人は一般的に、女性を最も低俗な生物であると考えていた。彼女らは生殖と家事以外には何の役にも立たないと見なされていたのである。もしも女性が醜い子、または先天的に障害のある子を生むと、男性にはその子を殺す自由があったのだ。”


古代ギリシャの政治家・思想家であったデモステネスはこう述べています:

“我々ギリシャ人は、性的欲求を満たしてくれる娼婦の同伴を好む。結婚をするのは、我々の日常的要求に応えてくれる恋人・愛人に合法な子供を持たせるためである。”


高位かつ著名な思想家による、このような奔放なダブルスタンダードと道徳観に乏しい声明をもって、私たちはその社会に属していた女性がいかなる対応を受けて来たかを伺い知ることが出来るでしょう。

Related Articles with ギリシャにおける女性