クルアーンについて言われていること

Site Team

モーリス・ブカイユ[1]はその著「クルアーンと近代科学」の中で、こう言っています:

「クルアーンを、近代的な知識に照らし合わせつつ完全なる客観性をもって調査してみると、それらの二つのこと(クルアーンの内容と科学的事実)における一致という認識に到達する。そしてこのことは、今までにも繰り返し述べられてきたことなのだ。ムハンマドの時代における知識的状況を鑑みれば、その時代の者がこのような言説の創作者とは到底考えられない。そしてこのような観点における思索は、クルアーンの啓示にユニークな地位を与えることに供与している。偏見に汚されてはいない科学者は、そのことに関する物質的論証において自分自身の無力さを認めざるを得ないのだ。」



[1] 消火器病学が専門のフランス人医師(1920-1998年)。

Related Articles with クルアーンについて言われていること