ケニースL.ジェンキンス(ペンテコステ派教会の司祭及び長老・アメリカ合衆国)(パート1 / 3)

Site Team

前書き

キリスト教教会の元司祭、そして長老として、暗闇の中を歩き続ける人々を教え、導くことが私の責務となりました。そしてイスラームに改宗した後に私は、イスラームの光を経験するという祝福をまだ受けてはいない人々を助ける差し迫った必要を感じたのです。

 


私 に慈悲をお与えになられ、預言者ムハンマドと正しく導かれた彼の信者達によって教えられた通りに、私がイスラームの美しさを知るよう導いて下さった全能の 神に、私は感謝します。私達は、真の導きと現世と来世での成功へと導く正しい道に従う力を、神の慈悲のみにより授かるのです。


シェ イフ・アブドゥッラー・ビン・アブドルアズィーズ・ ビン・バーズが、私のイスラームへ帰依の際に示した優しさに、神の称賛あれ。私は、彼との毎回の会談 で得た知識を大切にしてゆくことでしょう。励ましと知識で私を助けてくれた人は他にも沢山いますが、その内の誰かをうっかり省いてしまうことを避けるた め、彼らの名をここに記述しようとすることは自粛します。私は、私のムスリムとしての成長と発展のための役割に供することを神によって許された各兄弟姉妹 ゆえに、全能の神に感謝します。


ま た私はこの短い記事が、全ての人の利益となることを祈ります。そして、キリスト教世界の大部分にはびこる理不尽な状態にもまだ希望があるということを、キ リスト教徒が見つけ出すことを願います。キリスト教徒の問題に対する答えは、大抵の場合彼ら自身の問題の根本であるので、キリスト教徒自身では見つけられ ないのです。しかしイスラームこそは、キリスト教世界を苦しめ、同様にいわゆる宗教全体が直面している問題の解決策です。神が私全てを導き、私達の最善の行いと意図により報われますように。

サウジアラビア王国はターイフにて

アブドゥッラー・ムハンマド・アル=ファールーク


はじめに

私は少年の頃、神への深い畏れをもって育てられました。時折ペンテコステ派原理主義者の祖母に育てられたこともあり、教会は私の人生の早い段階で重要な部分となりました。そして6歳になった頃には 、 良い子であれば天国で素晴らしいことが私を待っており、またいたずらな子には地獄での罰が待っているということを、余りにもよく知っていました。私は祖母 に、嘘つきは皆地獄の永遠に燃え盛る業火へ行く運命だ、と教えられたものです。私の母は、フルタイムの仕事を掛け持ちしながら、彼女が彼女の母から教わっ た教えを私にも教え続けました。私の弟と姉は、私ほど真剣に祖母の警告を受け止めている様子はありませんでした。私は、月が赤く血のようになるのは世界の 終わりの1つの徴であると教えられたので、満月が赤みの深い色合いを帯びると泣き始めたこと思い起こします。私は8歳 の子供ながら、天地に見出した最後の審判の日の徴のように思えたことに恐怖心を募らせていくようになり、実際に審判の日がどのようになるか悪夢を見たほど だったのでした。私達の家は線路の集まる近くで、電車が頻繁に通過しました。私は、機関車の汽笛の恐ろしい音により眠りから起こされ、死後にトランペット の音を聞いた後、復活させられることを考えていたのを思い出せます。これらの教えは口頭での教えと、聖書物語として知られている子供の文庫集を読んだこと から私の幼い心に染み付きました。


毎週日曜日、私達はみな良い服装で教会へ行きました。私の祖父が私達を送ってくれたものです。教会は私にとって、何時間も続くように思われました。私達は午前11時頃到着し、そして時には午後の3 時まで帰らないこともありました。私は、祖母の膝の上で何度も眠ったことを覚えています。一度、弟と私は、祖父と鉄道の操車場に電車が通るのを見るため に、日曜学校と朝の礼拝の間、教会を出ることを許されました。彼は教会に通う人ではありませんでしたが、毎週日曜日、私の家族がそこに行けるようにしてく れたのでした。その後、彼は部分的麻痺を残す脳卒中を患い、その結果私達は教会へ定期的に出席することが出来なくなりました。この期間が私の成長の最も重 要な段階でした。Rededication再献身

 


私はある意味、教会に出席することが出来ないことに安心していましたが、時に自分で行こう、と感じることがありました。そして16歳 の時、友達の父が牧師をしている教会に出席し始めました。それは私の友達の家族、私、そして他の学友だけがメンバーの小さな店舗の建物でした。それはその 教会が閉鎖するまでの数か月だけ続きました。それから私は高校を卒業して大学に入学し、自分の宗教を再発見し、ペンテコステ派の教えに完全に夢中になりま した。そして洗礼を受け、その経験が当時そう呼ばれていたように「聖霊で満たされた」のです。皆は私に高い期待を抱き、私は再び“救いの道”にあることを 喜んでいました。私が教会に出席するたびに、その門は開きました。私はその頃、毎日聖書を勉強しました。当時のキリスト教学者による講義に出席し、20歳 の時には司祭への要請を受けました。私は説教を始め、あっという間に知られるようになりました。私は非常に独断的で、私の教会のグループでない限り、誰も 救いを受けられないと信じていました。そして私が神を知るようになった方法でかれを知ったのではない者は、みな断定的に非難しました。私はそれ以前イエス キリスト(神の慈悲と祝福が彼にありますように) と全能の神は1つ で、同じであると教わっていました。しかし私達の教会は、三位一体を信じてはいないものの、イエス(神の慈悲と祝福が彼にありますように)は事実上の父で あり、子であり、聖霊だと教わりました。それを理解する努力をしましたが、完全には理解出来なかったと認めなければなりません。私の知る限り、それが唯 一、私にとって意味をなす教義でした。私は、女性の神聖な服装や、男性の敬虔な行動を賞讃していました。私は女性が完全に衣類で彼女らを覆い、化粧をせ ず、彼女達自身をキリストの真の大使としてふるまうように、という教義を説教することを楽しみました。私は疑いの影を超えて、ついに永遠の至福への真実の 道を見つけたのだと確信していました。他の教会の違った信仰を持つあらゆる人と議論し、自分の聖書の知識で彼らを完全に沈黙させました。

 


私は何百もの聖書の節を暗記し、そしてこれは私の説教のトレードマークとなりました。しかし、正しい道にいると確信を感じていたにも関わらず、どこかでまだ探していたのでした。達成される更に高い真実があるように感じていたのです。

Related Articles with ケニースL.ジェンキンス(ペンテコステ派教会の司祭及び長老・アメリカ合衆国)(パート1 / 3)