ヨセフの物語:導入部

Site Team

これは昼のメロドラマ顔負けの、策謀、欺瞞、嫉妬、プライド、欲望の渦巻く物語です。またトークショーでも見ることの出来ない忍耐、忠誠、勇気と思いやりの物語でもあります。これは預言者ヨセフ(神の賞賛あれ)の物語です。このヨセフと、キリスト教・ユダヤ教において知られるヨセフは同一人物です。神は、あるユダヤ人が預言者ムハンマドにヨセフについて尋ねた際、彼にこの物語を啓示しました1。クルアーンにおける物語は通常断片的で、複数の章にまたがって語られますが、ヨセフの物語に関しては例外です。それは始めから終わりまで、一つの章において啓示され、預言者ヨセフが体験したことが語られます。私たちはヨセフの喜び、苦難、悲しみを知り、彼が自らを敬虔さ、忍耐によって武装し、そして最後に勝利を勝ち取るまでの道のりを共に歩むことが出来ます。ヨセフの物語は夢によって始まり、夢の解釈によって終わります。


 “われはこのクルアーンをあなた(ムハンマド)に啓示し、物語の中の最も美しいものを語ろう。あなたもこれまで(この啓示が下されるまで)気付かずにいたものである。”(クルアーン12:3)


ヨセフの少年期

若 いヨセフは明るく、美男子で、父親からこよなく愛されていました。ある朝、夢から目覚めたヨセフは、その内容を教えるため、嬉々として父親へと駆けていき ました。ヨセフの父は息子の話に注意深く耳を傾けました。彼の顔は喜びに光り輝きました。なぜならヨセフの夢は、預言の実現だったからです。ヨセフはこう 言ったのです。


 “父よ、わたしは(夢で)11の星と太陽と月を見ました。わたしは、それらが(皆)わたしに、サジダしているのを見ました。”(クルアーン12:4)


ヨセフは12人兄弟の一人で、彼の父は預言者ヤコブ、曽祖父は預言者アブラハムでした。この預言は、アブラハムの説いた、唯一なる真実の神を崇めよ、というものを継続させることについてのものでした。預言者アブラハムの孫ヤコブは、その夢はヨセフが「神の家の光」を運び出す者となることであると解釈しました。しかし、ヤコブの顔が喜びに満ち溢れるのもつかの間、それはすぐに消え、彼はヨセフにこのことを兄弟たちに明かしてはだめだと言いました。ヤコブはこう言いました。


 “息子よ、あなたの夢を兄たちに話してはならない。そうすれば、かれらはあなたに対して策謀を企らむであろう。本当に悪魔は人間には公然の敵である。このように主は、あなたを御選びになって、出来事の解釈を教えられ、かれが以前に、あなたの父祖のアブラハムやイサクに御恵みを全うされたように、あなたとヤコブの子孫にそれを全うしたものである。本当にあなたの主は全知にして英明であられる。”(クルアーン12:5−6)


ヤコブは、彼の息子たち(ヨセフの兄たち)が夢の解釈も、ヨセフが彼らよりも優れているということも認めはしないことを知っていました。ヤコブは怖れていました。10人の兄たちは、既にヨセフに嫉妬していたのです。彼らは、彼に対する父の特別な愛情を察知していました。ヤコブは預言者で、唯一なる真実の神への服従に身を捧げ、彼の家族と集団に対し、公正に接していましたが、彼は心優しい性格の息子ヨセフに対してはその感情を隠しきれませんでした。ヨセフの下にも一人、ベニヤミンと言う名の弟がいましたが、彼はこの策略と欺瞞に関わるにはまだ幼すぎました。


預言者や誠実な者たちは神への服従を説きますが、サタンは人類を誘惑し、扇動するために待ち伏せています。サタンは策略や欺瞞を愛し、ヤコブと彼の兄たちの間の確執の種をまいていました。兄たちがヤコブに対して抱いていた嫉妬は彼らの心を盲目にさせ、思考を乱し、些細なことを重要に、そして重要なことを些細なことに見せていました。ヨセフは父の助言を受け止め、彼の夢について兄たちには話しませんでしたが、それにも関わらず彼らは嫉妬に支配されてしまいました。ヨセフの夢のことを知らずして、彼らはヨセフの殺害を計画しました。


ヨセフとベニヤミンは、ヤコブの第二夫人の子供でした。異母の兄弟たちは、自分たちを一人前と見なしていました。彼らは年長で、力強く、自分たちには良い性質が備わっていると思い込んでいたのです。嫉妬に支配された彼らはヨセフとベニヤミンを蔑視し、なぜ父が二人を寵愛するのか理解しようともしませんでした。兄弟たちはよこしまな考えにより、父が誤って導かれたのだと非難しましたが、それは現実とはかけ離れたものでした。サタンは彼らの考えを正当化させましたが、彼らがヨセフを殺害し、その後すぐに悔悟しようと話し合ったとき、それは明確に現れました。

 


 “かれら(兄たち)がこう言った時を思え。「ヨセフとその弟は、わたしたちよりも父に寵愛されている。だがわたしたちは多勢の仲間である。父は明らかに間違っている。」(1人が言った。)「ヨセフを殺すか、それともかれを何処か外の地に追え。そうすれば父の顔(好意)はあなたがたに向けられよう。その後、あなたがたは(悔悟することにより)正しい者になろう。」”(クルアーン12:8−9)

 


彼らのうちの一人はそれが間違いであると感じ、ヨセフを殺す代わりに、井戸に落とすことを提案しました。通りがかりの旅行者にでも拾われれば、彼は奴隷として異国に売り払われ、家族にとって死んだも同然となると言いました。彼らはその盲目さからそのことを信じ、ヨセフの不在は父の思いから消えると思い込んだのです。兄弟たちはその邪悪な計画の準備を進めました。サタンは彼らに付け入って囁きかけ、悪意を吹き込んだのです。兄弟たちは話し合いを終え、自分たちの計画に満足しました。その計画とは、ヨセフを遊びに連れていくという名目で砂漠におびき出すというものでした。ヤコブの心に不安が忍び寄りました。

 




Footnotes:

1 イブン・カスィール著、諸預言者物語より

同上

Related Articles with ヨセフの物語:導入部