ラドコ チェコ出身の元無神論者(前半):無神論からキリスト教へ

Site Team

私は以前、神の存在など決して信じたりはしない、という無神論者を知っていました。彼 は、信仰者というのは気質の弱い人々で、その無能さと無気力さから教会へ行かなければならない必要性を感じているような人々であるという意見を持つ人物で した。宗教について議論する際、相手を説得出来なければ、彼は憤慨しました。彼は信仰者たちを軽蔑していましたが、それは殆どヒステリーに近いものでし た。ところが、彼には信仰者の親友がおり、一緒にいるときは宗教議論をしないことで合意していました。


ある日 この男性は、珍しく友人の誘いに応えて教会に行くことにしました。そのとき彼は何らかの理由で気弱になっていたのかも知れません。彼は、ミサの最中に笑い 出し、説教壇から信仰者たちを指さし嘲笑するような自分の姿を思い描いていました。しかしながら、私たちも知るように、神の御業とは不思議なものです。彼 は教会へ行き、後方のベンチから、祈りを捧げる人々を凝視していました。


ミサが始まると、彼は人々に皮肉な視線を浴びせていました。そしておよそ15 分間の説教が始まりました。すると説教の途中に突然、彼の目からは涙が流れだしたのです。喜びと幸福感の混じり合った奇妙な感情が、彼の身体全体から満ち 溢れていた敵愾心を洗い流しました。ミサの後、友人の二人は一緒に帰路に着きました。彼らは分かれる寸前まで沈黙を保っていましたが、無神論者の男性は、 また一緒に教会に行けるかと友人に問いました。そして友人は翌日、また教会に行くことにしました。


その無神論者の男性が、この私自身であるということにお気付きになった読者もいるかも知れません。過去の私は信仰を持つ人々に対し、軽蔑と悪意しか感じてはいませんでした。しかし、自分が偏見を持たれたくなければ他人に偏見を持ってはならないと牧師が説いた、1989年のあの説教の後、私の人生は劇的な変化を遂げました。


私は定期的に教会の集会に出席するようになり、神とイエス・キリストについての知識を渇望するようになりました。また、クリスチャンの若者たちとの会合にも顔を出すようになり、精神的体験について話し合ったりもしました。私は復活したかのような気分でした。私は信仰者の人々との触れ合いを必要とするようになり、過去18年間の空白を取り戻そうとしていました。


は、キリスト教の洗礼を除き、精神的発達についての導きを与えることのなかった無神論者の家庭で育ちました。6年 生の頃、学校に共産党員がやってきて、なぜ神は存在しないのかについての説明を受けた記憶があります。私はその言葉をすべて吸収していたのを覚えていま す。私の場合、納得する必要はありませんでした。彼の言葉はすべて信じたのです。彼の信仰者に対する軽蔑と悪意は私自身のものとなりました。しかし今、私 はそれ以来の空白を取り戻さなければなりませんでした。


は 牧師を始め、新たな方向に導いてくれる数人の人々と会いました。私は多くの疑問を抱えており、彼らはそれに答えてくれました。後に、私は自分の大きな間違 いに気付きました。私はそれらに熟考・考察の余地を与えることもなく、すべて受け入れていたのです。彼らは色々なことをありのままに説明してくれたと言え ますが、それは彼らにとって公平ではなかったかもしれません。事実、それは私の失敗だったのです。私は彼らの言葉について熟考もしなければ、批判的にも考 えたりもしませんでした。このことは後に状況を非常に複雑にしました。今思い返してみると、私の態度に重要な影響を及ばした要素は年齢でした。私は信仰の ような、重大かつ複雑な物事を適切に理解するには若すぎたのです。

は 良いクリスチャンになりたいと願っていましたし、それに向けて必死に頑張っていたことを神はご存知です。しかし、時間の経過と共に、預言者イエスの神格 性、また原罪の概念のような、バイブルとの矛盾において納得することが出来なくなりました。牧師たちは私の疑問に答えようとしてくれましたが、やがて彼ら の忍耐は続かなくなってきました。そういった事柄は、信仰の一環として受け入れられるべきであり、そのような疑問は時間の無駄で、私の神との間を分け隔て るものだ、と言われました。今でも、当時の精神的指導者と口論したことを覚えています。その出来事は私の過去の自滅的傾向を呼び起こしました。私は若かっ たので、結局、自分は間違っていたのかと思い始めました。


私がムスリムになった経緯

の イスラームへの道は、容易なものではありませんでした。私がキリスト教に失望していたことから、その後すぐにイスラームに鞍替えしたのかと思われるかも知 れませんが、そうではありません。当時、私がイスラームについて知っていたことといえば、ムスリムたちが神をアッラーと呼んでいること、彼らがバイブルの 代わりにクルアーンを読むこと、そして彼らはムハンマドという人物を崇拝しているということだけでした。また当時の私には、イスラームを受け入れる準備は 出来ていなかったと思います。


は 教会から遠ざかり、一匹狼のクリスチャンになりました。私は信仰者の集まり、または教会を恋しいとは思わなかったものの、神への思いが私の心の奥深くに根 ざしており、それを手放すことは出来ないことに気付きました。私は泣いたりするどころか、全く正反対でした。私は神との時間を一人で過ごすことに喜びを感 じ、神が私の側にいてくれることを願っていたのです。


その後、 私は次から次へと愚行に走るようになって行きました。贅沢な暮らしと欲望に溺れたのです。私はそのような道が、自分を神から遠ざけ、地獄へと繋がるものと は認識出来ていませんでした。ある友人は、最底辺まで落ちなければ、足元にある地面を感じることなど出来ないんだよ、と言いました。正に、それが私に起き たことでした。私は落ちるところまで落ちたのです。サタンが両腕を広げて私を待ち構えていたのは容易に想像が出来ますが、それでも神は私を見捨ててはおら ず、私にもう一度のチャンスをくれたのです。

Related Articles with ラドコ チェコ出身の元無神論者(前半):無神論からキリスト教へ