神はどこにいるのか

Site Team

人類は常々、人生における最も深遠な疑問に問いかけ続けてきました。夜の静かな暗闇の中、遥か遠くの広大な空に星々がきらめく中、または特急電車のように過ぎ去る人生の日々において、あらゆる肌の色、人種、宗教に属する人々は自身の存在の意味について思いを巡らせ続けてきました。なぜ私たちはここにいるのか? その意味は一体何なのか? 他の世界は存在するのか?


澄み渡った青空の下、光に溢れた素晴しい日々の 中、人々はその顔を太陽に向け、その美しさに感動します。凍える真冬、または荒れ狂う嵐の中、彼らは大自然の力について考え込みます。すると心の奥底のど こかから、神の概念が浮んできます。被造物の驚異は、心と魂に対する呼びかけです。パラパラした雪片の柔らかさ、刈りたての芝生の香り、雨雫の垂れる優し い音、台風の猛威のすべては、この世界が不思議さに満ち溢れていることを思い知らせるのです。


私たち人間は苦痛や恐怖によって存在を脅かされ たとき、人生の意味を熟考します。災難や悲嘆にある中、神の概念が思い浮かび上がります。自分たちのことを宗教や精神性からは遠く隔たれていると思ってい る人々であっても、そのような状況下ではたびたび空を仰ぎ、助けを請い求めるのです。

 


嘆願と駆け引きの中、宇宙の完全なる広大さが顕 わになります。人生の現実は驚きと畏敬の念に満たされています。それはジェットコースターのように激しいものです。歓喜の瞬間や、深い悲しみの期間もある ことでしょう。人生は長く単調なものにも成り得ますし、悩みのない楽なものにも成り得ます。神の存在とその威厳が明白になるにつれ、人の頭にはより多くの 疑問が出てきます。その内の避けることの出来ないものの一つとは、「神はどこにいるのか」です。


世界中では昔から、神がどこにいるのかという疑 問の解決と格闘してきました。神について希求することは、人間の本質的な傾向です。古代のバビロニア人・エジプト人たちは、神を探し求めて高い塔を建築し ました。ペルシャ人たちは、火の中に神を見ました。他方、北アメリカ原住民やケルト人などは、周囲を囲む大自然のしるしの中に神を見ました。仏教徒は自己 の中に神を見出し、ヒンズー教ではあらゆる場とあらゆる物の中に神がいると信じられています。


神への探求は、混乱しがちです。「神はどこにい るのか」という質問を提示すれば、それによる答えも混乱しがちです。「神はあらゆるところにいる」「神は心の中にいる」「神は善良で美しいものの中にい る」しかし、心が空虚で、周りの環境が悲惨で汚く、醜悪な場合はどうなのでしょう? そのときは神の存在がなくなってしまうのでしょうか? もちろん、そ んなはずはありません。このような混乱の中、イスラームによる神の概念は暗闇を照らす灯台としての役割を果たします。


神についてムスリムたちが信じていることは、明 白かつ単純です。彼らは神がどこにでもいるとは信じておらず、神は諸天のさらに上にいるのだと信じます。人間が困難の中で本能的に空を仰ぐことは、神がど こにいるのかという疑問に自ずと答えます。神はクルアーンにおいて、ご自身が至高者であり、あらゆる被造物の上に君臨する(クルアーン2:255)と述べます。


 “か れこそは天地を6日の間に創造なされ、それから玉座に鎮座なされる方である。かれは地に入るもの、そこから出るもの、また天から下るもの、そこに上るもの を知り尽される。あなたがたが何処にいようとも、かれはあなたがたと共にあられる。アッラーはあなたがたの行う凡てのことを御存知であられる。”(クルアーン57:4)


預言者ムハンマドは、神について言及する際に空 を指さしたことが知られています。彼は神に祈願するときも両手を空に掲げています。彼による「別れの説教」で、預言者ムハンマドは人々にこう尋ねていま す。「私はこのメッセージを伝えましたか?」人々は言いました。「はい!」彼は再度尋ねました。「私はこのメッセージを伝えましたか?」人々は言いまし た。「はい!」そして彼は3度繰り返して言いました。「私はこのメッセージを伝えましたか?」人々は言いました。「はい!」彼はその度に、「神よ、ご証言下さい!」と言い、空に指を向け、それから人々に向けました


神は諸天よりも上におり、そしてすべての被造物 を超越された御方です。このことは、神が物理的次元に囚われないことを意味します。神はその信仰者と極めて近く、彼らの祈りのすべてに答えます。神は私た ちの秘密、夢、願望などを知り尽くしており、神の知らないこと、神に隠されていることは全くありません。神はその被造物に対し、知識と影響力によって常に 共にあります。神は創造主かつ供給者なのです。神の御意なしには、何一つとして存在することはありません。


ムスリムが宇宙の神秘に驚嘆するとき、彼らは至 高なる存在である神が諸天の上におり、あらゆる諸事において神が自分たちと共にあるという確固たる知識に安心させられます。ムスリムが損失や悲痛の中にあ るとき、神の叡智に疑問を抱いたり、「私が悲しみや苦難の中にあるとき、神はどこにいたのですか?」などといった疑問を呈すことはありません。人類は神を 崇拝するために創造され(クルアーン56:51)、神が何度も述べるように、試練や苦難は人生の一部なのです。


 “かれこそは・・・6日の間に天と地を創造された御方。それはかれが、あなたがたの中誰が、行いに最も優れているか、明瞭にされるためである。”(クルアーン11:7)


人類はその漆黒の夜、暗黒の時代から、本能的に空を仰いできました。恐怖が彼らを襲い、彼らの心臓が強く鼓動を打つと、人々は神へと立ち返りました。人々は手を掲げて慈悲と赦し、寛大さを請い願い、神はそれに答えてきました。なぜなら神は最も慈悲深く、慈愛に満ち溢れた、優しい御方だからです。神は被造物からは隔てられ、かけ離れた存在であり、神に似通った存在は何一つとしてありません。神は全聴者・全視者(クルアーン42:11)です。私たちの神の所在に関する疑問の答えは紛れもなく、諸天の上にあり、それは全被造物を超越しているという知識です。神は被造物を必要ともせず、私たち被造物こそが神を必要としているのです。




脚注:

          「別れの説教」の本文は、サヒーフ・ブハーリーとムスリム、またティルミズィーとアフマドの伝承集にも収録されています。

Related Articles with 神はどこにいるのか