純潔な懐妊

Site Team

 “また自分の貞節を守った女(マリア)である。われはかの女にわが霊を吹き込み、かの女とその子を万有のための印とした。”[1](クルアーン21節91章)



[1]アーダムが両親なくして神によって創造されたのと同様、イエスの誕生も父の存在がない、母親だけによるものでした。神が何かを起こしたいときには、「在れ」と言うだけで、それは存在することになります。神は全能者であるからです。

Related Articles with 純潔な懐妊