語源

Site Team

語源

全能の「アッラー」という言葉は元々アラビア語で, イスラム以前のアラブ世界で使われていました。その時代の人々は全能で崇高な唯一の神であるアッラーを信仰していました。その中にはアッラー以外の他の神を崇拝したり、偶像を崇拝する多神教徒もいました。

アッラーの存在と特性

すべての人々(信者と無心論者を含む)がアッラーの存在と特性の真実に達成する唯一の方法として、適切な科学的論法が同意されることができます。

あらゆる全ての行動には行為者が存在し、全ての物事は理由があって起こると誰もが同意するので、その規制に対しては何の例外もありません。何もどこからともなく派生せず、何も理由なしには起こることはありません。

そういった例は無数にあり、明らかです。生計または生命のないものを含む全ての宇宙と静電気と携帯は何物からも創造されませんでした。主の名前がアッラー、創造主または創始者であるかどうかにかかわらず、宇宙を作った誰かがいるならば、全宇宙が創造主の存在に十分な証拠を示しているという事実を変えることはないと、常識と科学は確認します。

勉学に励み、創造主の仕事や製品(生物)を追求する事は主の特質を知る為の方法です。例えば、書物はその筆者の成就と分析能力や知識、経験、文化、スタイルと心理を表現します。

製品はそのメーカーの包括的な特質と鮮明なイメージを提供します。もし人々が宇宙やその創造物への取り組みに対して科学的論法を使ったなら、彼らは創造主の特質、海の美しさ、宇宙のバランスとその動きのシステム、人間が知りえる全ての知識、自然と細胞の正確さと創造主が作るその詳細の賢い理由を見ることができます。

これらは創造主の偉大さ、知識と賢明さを証明します。

人々が背後にある宇宙の存在の賢明な理由や人生の困難や痛みに同意するかどうかにかかわらず、偉大な創造主、全能で全知であられ、信者が呼びかける賢明なお方の存在を確証する科学的証拠で成り立つというは結論を変える事はないでしょう。

 

Related Articles with 語源